フレンチブルドッグ専門ブリーダードッグハウスシオ!「飼い方」「しつけ」「性格」「病気」「フレブルの雑学」についてお役立ち記事をご紹介。

更新

【お迎え編】フレンチブルドッグ飼育に必要な費用はいくら?飼うのにお金がかかる犬種って本当?

1,557 views

0
【お迎え編】フレンチブルドッグ飼育に必要な費用はいくら?飼うのにお金がかかる犬種って本当?|お役立ち記事 飼い方 雑学

フレンチブルドッグをお迎えする前に知っておきたいのが、お金の話。

フレブルは人気の犬種ですが、SNSなどを見ると「お金のかかる犬だよ」と仰るオーナーさんも多いので、気になるところですよね。

この記事では、フレンチブルドッグをお迎えする場合にかかる初期費用の目安をご説明します。

※生き物の飼育にかかるお金はそれぞれの個体によるので、あくまでも目安の試算です。ショップやブリーダーのお迎え費用、体格とそれにともなう食事代、病気の有無などにより異なります。

■フレンチブルドッグ初期費用の最低ラインは35万円

結論から言うと、フレンチブルドッグを飼育するなら「初年度 35万円~50万円」程度の費用が必要です。

費用感を大きく左右するのはお迎え費用(生体代金)なので、予算感をイメージしながらペットショップやブリーダーさんに相談してみましょう。

■フレンチブルドッグのお迎え費用は15~30万円程度

どの犬種にも共通しますが、血統書付きや人気の毛色の場合は20万円以上になるのが一般的です。

人気のあるブリーダーからの購入や珍しい毛色など、場合によっては30万円を超えるフレブルもいるでしょう。

加えて、お迎え後はお住まいの市区町村への畜犬登録に3000円前後かかります。

■フレンチブルドッグの子犬の飼育グッズ費用は4万円程度

ケージ、首輪やハーネス、ごはんや水飲みのお皿、床材など……子犬をお迎えするなら用意するべきものはたくさん!

犬の飼育グッズの価格には幅がありますが、あまりにも安すぎるものは品質に不安があります。デリケートな子犬時代はなるべく良いものを使いたいですね。

□ケージ

しっかりとした材質で滑りにくいケージを用意しましょう。平均的には1万円程度です。

関連記事▼
フレンチブルドッグの子犬を迎えたら!適切なサークル・ケージの選び方

□首輪・ハーネス

首元に負担がかからずヘルニアの予防にもなるハーネス(胴輪)が理想ではありますが、こまめに採寸してしっかりフィットしたものを使わないと、デリケートなフレブルの肌を傷つけることにもなります。

一方、首輪は引っ張る指示が伝わりやすいので、しつけをするのに向いているという利点もあります。

ハーネスは2000円~6000円程度、首輪は400円~4000円程度が平均的。身体が大きくなるごとにフィットするハーネスを買い替えてあげられない場合、成長の著しい子犬時代は首輪で……という方針もOKです。

□床材・マット

意外に大切なのが、床に敷くマットやカーペット。関節を痛めやすく室温管理も慎重にしなければならないフレンチブルドッグには、滑り止め付きで厚みのあるマット類が必須です。

ご自宅の飼育エリアスペースにもよりますが、床の準備に最低1万円程度は見積もっておくといいでしょう。

関連記事▼
初めてのフレンチブルドッグを迎える前に、家の環境・インテリアを整えよう

□トイレ用具や食器、消耗品など

犬用トイレとトイレシートは2000円~5000円程度。

食器類は人間のものを使うとうまく食べられないこともあるので、犬用のものを用意してあげましょう。3000円程度見ておくといいですね。

ブラシや爪切り、おもちゃなど、その他の消耗品には1万円もあれば一通り用意できるかと思います。

■フレンチブルドッグの食事代は月4000円程度

ドッグフード代は一ヶ月分で3000円~4000円ほどになります。

人間の食事代と同じで、こればかりはピンキリ。どこまで高級なものを与えるか次第です。

子犬時代には子犬専用のドッグフードを与えてください。タンパク質やカルシウムが豊富で飲み込みやすい柔らかさのものを指します。

ある程度大きくなってからはドライタイプのフードが割安ですが、若いうちはしっかりと高タンパク・高脂肪のごはんを与えたほうが身体のためにもなります。少し出費になってもバランスのいい食事で育った方が、結果的に医療費がかからずお財布を助けることになるかも?

■フレンチブルドッグ初年度に必要な医療費は5万円

フレンチブルドッグのような中型犬の場合、一年間にかかる医療費はおよそ3~4万円程度と言われています。

狂犬病予防注射や混合ワクチンの接種料金は、初年度でおおむね3~4万円程度かかります。混合ワクチンは初年度に三回程度摂取しますが、ペットショップによっては初回ワクチン接種済みのケースも多いでしょう。(ドッグハウス シオでは初回ワクチンは生体代に含まれておりますので、接種済でのお引き渡しになります)

その他にも健康診断の料金も発生しますが、診察料は動物病院によって異なります。

■ペット保険に入る場合は年払い3万円程度

入っておくとなにかと安心なペット保険。保険プランにもよりますが、年払い3万円程度が平均的です。


その他にも、迷子対策のマイクロチップ埋め込みや血統書の発行(ドッグハウス シオでは血統書も生体代に含まれておりますので、後日お送りいたします)ドッグウェアやちょっといいおやつなど…… こだわり次第で予算は変動します。

フレンチブルドッグに何不自由なくのびのび暮らせる生活を用意してあげるには、60万円程度は見ておくといいかもしれません。

この記事が役に立ったらいいね!してね 330
0
フレンチブル親犬はこちら \ シオの全ての子犬をチェック!! / 全ての子犬一覧へ